抱っこ紐とSGマーク

外出時や家事をこなしているときなど、赤ちゃんから目を離すことができない状態で活躍してくれる抱っこ紐ですが、子育ての必須アイテムとして多くのママやパパが愛用しています。
子供を抱きやすく便利なアイテムなのですが、使用中の事故が多く起こっている点には注意が必要です。


なお、もっとも多く発生している事故は現在のところ落下事故です。
重傷を負う赤ちゃんもその中にはいるのですが、原因としては正しい使用方法ができていないこと、商品が赤ちゃんに合っていない、品質が悪いことなどが挙げられます。
正しい使用方法を守ることももちろん大切ですが、このような重大な事故を防止するためには、品質がよく安全性に優れている商品を選ぶことも大切といえるでしょう。


安全性に関してですが、SGマークが付いている商品を選ぶとよいでしょう。
このマークが付いている場合、テストを受けた結果、その商品の安全性が保証されているという意味がありますので、購入時には付いているかどうか確認してみてください。
なお、SGマーク付の商品に欠陥があり、それが原因で事故が発生した場合には最高金額1億円の賠償措置がとられる形になります。
また、SGマークは消費生活用製品安全法に基づいて、一般社団法人製品安全協会が認定しています。


当サイトでは抱っこ紐の安全性に関して、SGマーク付の商品を購入することをおすすめすると共に、安全な使用方法や危険な使用方法などについて解説します。
子供を事故に遭わせないためにも、今後抱っこ紐を使用するママやパパは一読することをおすすめします。


Copyright © 2014 抱っこ紐の安全性 All Rights Reserved.